セイボウの一種
体長数ミリの蜂で、腹部が赤橙色で他の部分は青緑色。
発生場所や時期を考えると、ヌカダカバチに労働寄生する可能性がある。
大岩の上に堆積した土砂の上を徘徊する。
複数の個体が活動していた。
この場所に多数のヌカダカバチが営巣しており、
巣穴を覗き込む個体もいたことから、同種に労働寄生する可能性が考えられる。
2009年5月下旬、佐賀市富士町市川。