オオトガリハナバチ
2センチほどの尾端の尖った蜂で、自分では営巣しない。
夏に発生し、オオハキリバチの巣に労働寄生する。
土塀に開いたケブカハナバチの古い巣穴を探って回る。
寄主のオオハキリバチが、多く営巣に利用している。
実際に寄主が営巣していない穴は一瞥するだけで、他の穴に移る。
営巣している穴はにおいか何かでわかるのか、迷わず進入する。
2009年8月下旬、佐賀県大和町。
内部を確認して出てくると、腹部から逆さに入っていく。
産卵するようだ。
産卵した後、頭から出てくると、再び頭から進入する。
中を確認するのか、産卵の痕跡を消すのか、目的はわからない。
2009年9月下旬。
時にこんなこともあるようだ。
帰巣した寄主と鉢合わせした。
くわえて引き出される。
2009年9月上旬。