オオハキリバチ
20ミリを超える大型のハキリバチ。
竹筒や、木の昆虫の脱出抗など、地上既存抗に営巣する。
人口の観察用トラップの入り口から、巣に入る雌。
口に樹脂の塊をくわえている。
1980年8月ごろ、兵庫県 加古郡 播磨町で。
同じく、スコパに花粉を多く蓄えて帰巣。
人口観察巣の内部。
板の隙間を利用して、既存抗を作った人工トラップは、ガラスと木の板の隙間が有る。
実際木の既存抗に作られた場合より、念入りに樹脂を充填する。
竹筒の中に作られた巣。
4育房巣。
奥の方が幼虫の発育が進んでいるのが、よく分かる。
一番入り口側はまだ卵。
一番入り口側の隔壁には、樹脂以外のものが多く使われているのが分かる。
それぞれの発育段階の幼虫。 花粉と花蜜の混合物に産み付けられた、卵。
ケブカハナバチの古巣を利用して、営巣する。
花粉を搬入する。
2005年9月上旬、佐賀市 大和町で。
先に頭から巣に入り、蜜を吐き出すと、写真の様に入り口で反転し、腹部から入って行き、スコパの花粉を掻き落とす。
エンジュの木を訪花する。
2006年8月中旬、兵庫県 加古郡 播磨町で。
営巣の完了した入り口。
ケブカハナバチの古巣を利用したもの。
樹脂を使い、しっかり塞がれるが、ハラアカハキリバチヤドリの寄生をしばしば受ける。
ナツフジを訪花する。
2008年7月上旬、佐賀市大和町。
巣の隔壁の充填の為の木くずの様なものをくわえ、運ぶ。
巣の近くの切り株で休息する。
2008年9月下旬、佐賀市大和町。