ツツハナバチ
春に活動する普通種。
地上既存抗に営巣し、育房の隔壁には土を使う。
晩夏の内に蛹化し、羽化するが、翌年の春まで、巣から出てこない。
登山道の土を採取する。
2009年5月上旬、兵庫県姫路市書写山。
古い土塀のケブカハナバチの古巣に営巣する。
ほぼ営巣を終え、土で隔壁を作る。
2011年5月上旬、佐賀市大和町。