オオフタオブドロバチ
体長20ミリ前後。
最もよく知られたドロバチのうちのひとつ。
木材のほぞ穴や竹筒など地上既存抗に営巣する。
竹筒のトラップネストに蛾の幼虫を搬入する。
2008年8月下旬、佐賀市富士町市川。
同じ日時に同じ場所で撮影。
巣材の泥を玉にして搬入する
蛾の幼虫狩る。
ノブドウの巻かれた葉から、地面に追い落として刺す。
2008年8月下旬、佐賀市富士町市川。
全ての育房を作り終わり、入口を塞ぐ。
土で入口の隔壁は完成している様なのだが、竹の表面をかじっているように見える。
ムモントックリバチの様に、木の繊維を塗りつけたりする習性が有るのだろうか。