オオヒメクモバチ
小型のヒメクモバチの中にあってやや大型。
ハエトリグモなど、小型の蜘蛛を狩る。
閉鎖空間に営巣し、瓶型の育房を土壁で覆う。
巣材の土を採る。
営巣場所はすぐそばの土塀に作られた、ケブカハナバチの古巣の中だ。
2008年5月下旬、佐賀市大和町。
寺の門の柱を獲物の蜘蛛を抱えて登っていく。
ハエトリグモの肢を全て切り取り、吐糸管を加えている。
柱のほぞ穴の隙間に営巣している。
2009年10月中旬、佐賀市大和町。