ナミモンクモバチ
20mm位のクモバチ。
物陰の地面に巣穴を掘り、コガネグモ科などの造巣性の蜘蛛を狩る。
この蜂をベッコウバチ(ベッコウクモバチ)と紹介しているサイトや書籍があるが誤りである。
雌と雄の外観が著しく異なる。
林の下の地面に巣穴を掘る。
元々落ち葉の下から掘っていたが、観察し易い様に落ち葉を取り除いた。
2013年8月中旬、兵庫県姫路市書写山。
獲物を搬入し産卵した後、巣穴を埋めていく。
埋め戻した土を、腹部の先端で突き固める。