クロアナバチ
大型のアナバチで、30ミリ内外。
図鑑等の書籍で、ジガバチと並んで最もよく紹介される蜂である。
夏に発生し、ヤブガラシ等に訪花する。
営巣に適した環境であれば、多数の個体が一箇所に営巣する。
巣穴を掘り始めたところ。
後ずさりしながら、前足で土をかき出している。
2003年8月中旬、兵庫県加古郡播磨町。
同日、別の巣。
わかりにくいが、本当の巣の入り口の脇に偽の入り口が掘られている。
獲物を傍らに置き、巣穴を開けに行く。
獲物はおそらくクダマキモドキと思われる。
2004年8月中旬、兵庫県加古郡播磨町。
巣穴を開いてから、あとずさりしながら獲物を引き入れる。
クサキリの幼虫を搬入する。
一時閉鎖していた巣穴を開き、引きこむ。
両側に1つずつあるのは偽穴。
2008年8月中旬、兵庫県加古郡播磨町。
餌を運び込んだ後、巣穴を再び塞いで狩りに出かける。
クビキリギリズの成虫を運び込む。
2008年8月上旬、佐賀市大和町。
搬入後入り口を塞ぐ。