キンモウアナバチ
クロアナバチに似るが、前伸腹節を中心に褐色の体毛を有し、やや大型。
クダマキモドキを狩り、幼虫の餌にする。
巣穴を掘る。
2004年8月上旬、佐賀市大和町。
クダマキモドキを巣に搬入する。
クロアナバチの様に一時閉鎖しないが、搬入する前に必ず巣穴に入って頭から出てくる。
2008年8月下旬、佐賀市大和町。
同じくツユムシの仲間かそれに近い昆虫の幼虫を搬入する。
この営巣地は、道端の草の隙間にあるわずかな地面に多く巣穴があった。
帰巣時は、ボタッという音をたてて巣穴の近くに落下する様に着地して、巣穴まで歩いてくる。
一つの育房の餌を貯蔵し終わると、拡張作業を始める。
巣抗の中に新しい育房を掘る。
大きい土塊をくわえて運び出してくる。