イシカワクモバチ
風雨をしのげる物陰の乾いた地面に穴を掘り、営巣する。
小型のコガネグモ科の蜘蛛を狩る。
狩ったサツマノミダマシを運ぼうとするが、小さな蟻の存在を気にして躊躇っている。
2008年7月下旬佐賀市大和町。
サツマノミダマシを狩って引き上げる。
2008年7月下旬、佐賀市大和町。
獲物を巣穴に引き入れ産卵したあと、巣穴を埋める。
他の多くのクモバチと同じ様にかきいれた土を腹部の先端で突き固める。
2009年7月上旬、佐賀市大和町。