マメコバチ
体長11ミリほどのツツハナバチの仲間で、春に発生する。
農作物の受粉に利用するために、業務用として売買されることもある。
地上既存坑に営巣し、花粉と蜜の混合物を団子状にして産卵する。
隔壁には土を使う。
レンゲの花を訪れる雌。
2009年5月上旬、兵庫県加古郡稲美町。