マエアカクモバチ
体長10ミリほどの特徴的な色彩をしたクモバチ。
不定形の網を張るヒメグモ科の蜘蛛を狩る。
神社の縁の下や、岩の隙間などの乾いた土に浅い穴を掘り営巣する。
有名なセアカゴケグモを狩ったという記録があるようだ。
営巣後、休息をとる。
2008 年7月下旬、佐賀市大和町。
巣穴を掘った後、近くに置いていた蜘蛛を運ぶ。
ヒメグモ科のハンゲツオスナキグモだ。
巣穴に蜘蛛を搬入する。 巣穴に砂をかきいれ、埋めた後腹部の先端で突き固める。
巣穴を埋めた後に大きめの砂粒を配置する。
巣を掘った形跡を消そうとしているかのようだ。
ヒメグモ科の蜘蛛を運ぶ。
蜘蛛の生息場所である石の隙間に営巣していた。
2009年8月下旬、佐賀市大和町。