キオビツヤハナバチ
ヤマトツヤハナバチに酷似する。
頭楯の紋様などで区別できるという。
やはり、ススキや潅木などの隋質に営巣する。
ヤブヘビイチゴの花を訪れる雌。
2006年5月上旬、兵庫県 加古郡 稲美町で撮影。
同じく。
この顔面で区別できるそうだ。
セイタカアワダチソウの枯れた茎に営巣している。
2007年5月上旬、兵庫県 加古郡 稲美町。
入り口から帰巣する。
別の個体も巣穴を伺う。
時期的に、娘蜂は羽化していないと思われることから、多雌巣の可能性もある。