キイロスズメバチ
25ミリ余りのやや小型のスズメバチ。
民家の軒下などに大きな巣を作る。
コロニーはこの属最大に発達する。
詳しい説明は他の人にお任せする。
木の花を訪れる女王。
2006年5月中旬、佐賀市大和町。
みかん山の地面に開いた、小動物の穴を探る女王。
営巣場所を探している。
最初は狭い閉鎖空間に営巣することが多い。
夏の頃手狭になると、家族ごと引越しする。
2006年4月下旬、佐賀市大和町。
寺の参道脇にある石垣に営巣。
帰巣するワーカー。
活動は夕方遅くになっても続く。
2005年6月中旬、佐賀市大和町。
巣の入り口脇にある、木の葉をかじる。
複数の個体が行っていた。
目的は分からない。
ナガコガネグモの巣にかかる。
クマバチなどの大型の蜂も、やはり秋口に多く犠牲になっているのを見る。
2005年9月中旬、佐賀市富士町。
軒下に作られた、引っ越し後まもない状態の廃巣。
止まっているのはアシナガバチ。
2007年4月下旬、佐賀市大和町。
山茶花の花を訪れる雄。
解散した巣から飛び立ち、新女王を探しての飛行の合間、食事をする。
2008年11月下旬、佐賀市大和町。
ヒグラシの死骸をむさぼる2頭のワーカー。
このような場面にはしばしばでくわす。
もちろん餌は団子にして巣に持ち帰る。
2011年8月中旬、兵庫県姫路市の書写山。