ハキリバチ科 数ミリから20ミリ半ばまでの蜂で、花粉は腹部の腹面に生える毛に花粉を付けて運搬する。
地中に孔を掘ったり、地中や地上既存抗などに営巣する。
植物の葉を切って巣材に使うものが有名だが、それを練って使うものや、樹脂、土などいろいろな物を使い育房を作る。

労働寄生をする種もある。
バラハキリバチ ヒメツツハキリバチ ヤマトハキリバチ ネジロハキリバチ オオハキリバチ スミスハキリバチ
ツルガハキリバチ キバラハキリバチ ハラアカハキリバチヤドリ ヒロバトガリハナバチ ヤノトガリハナバチ クズハキリバチ
コウベキヌゲハキリバチ ヒメハキリバチ ツツハナバチ イマイツツハナバチ シロオビツツハナバチ マイマイツツハナバチ
マメコバチ オオトガリハナバチ サカガミハキリバチ