0583682
ヒゲおやじの投稿掲示板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

エントツドロバチの繭について 投稿者:しぐま 投稿日:2013/04/28(Sun) 22:04 No.62462   HomePage
こんばんは。

エントツドロバチの繭の形について質問があります。
蛹全体を袋のように覆う形をしていますか?
それともオオフタオビドロバチのように、育房内の前後を絹糸で内張りするだけのような不完全な繭ですか?
私は未だ竹筒トラップなどでエントツドロバチを飼育観察したことがないのでお尋ねします。



Re: エントツドロバチの繭につい... しぐま - 2013/04/28(Sun) 22:06 No.62463   HomePage

ヒゲおやじさんのHPでエントツドロバチの頁を参照すると、1970年代の!白黒写真で蛹が写っています。
http://higeoyaji.com/entotsudoro.htm
繭の形状はどうでしたか?

手元にある蜂の本のなかでは『カリバチ観察事典』p21で竹筒に営巣したオオカバフスジドロバチの巣内の写真が載っていました。
前蛹も蛹も育房内でむき出し状態で写っています。
しかし、この筆者はサービス精神旺盛で、繭をきれいに切り開いてから写真に撮ってくださることがあるのですが、その説明が必ずしも明記されていません。



Re: エントツドロバチの繭につい... しぐま - 2013/04/28(Sun) 22:08 No.62464   HomePage

3月末に軒下から泥巣を発掘してオオフタオビドロバチの前蛹を採集しました。
更に隣の育房から謎の繭を採集しました。
煙突状の入り口が残った育房の近くから発掘したのでエントツドロバチの繭なのか、それとも寄主蜂(キアシオナガトガリヒメバチなど)の繭なのかで悩んでいます。
袋状の繭を切り裂いて取り出した蜂の子を飼育していたのですが、残念ながら蛹化異常で死んでしまい同定できませんでした。
カリバチは前蛹で越冬するはずなのに、繭から外に出してしばらくすると飼育容器内で盛んに絹糸を吐き始め、脱糞まで行いました。
私のこれまでの知識では、こうした行動は蜂の前蛹の定義に反する気がして、その点でも頭を抱えています。
繭を紡いだ後、その中で前蛹にもならず終齢幼虫のままで休眠越冬していたのでしょうか。

長々と書き連ねましたが、何かコメント頂けると幸いです。
よろしくお願いします。



Re: エントツドロバチの繭につい... ヒゲおやじ - 2013/04/28(Sun) 22:26 No.62466  

しぐま様、こんばんは。
残念ながら私自身、この蜂の繭の状況は詳細に説明できません。
しかし少年の頃の記憶をたどってみると、この蜂の冬の巣から取り出したのは節くれだって固く伸びた前蛹だったような気がします。
写真の幼虫は直感的にですが、エントツの幼虫ではないように見えます。



Re: エントツドロバチの繭につい... しぐま - 2013/04/29(Mon) 20:54 No.62471   HomePage

ヒゲおやじさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。
採集時にはてっきりエントツかと思い込んで飼育を始めたのですが
どうやらエントツドロバチの繭である可能性は排除できそうですね。
昨日も投稿しながら考えをまとめてみたら、キアシオナガトガリヒメバチの前蛹っぽいかな?という気がしてきました。

それにしても、さすが年季が違いますね〜!
私もとにかく継続することを第一に心がけて少しずつ蜂を見ていきます。



サトジガバチ・ヤマジガバチ 投稿者:syuichi 投稿日:2013/04/07(Sun) 21:39 No.62455   HomePage

 また大阪市立自然史博物館の松本様がヤマジガバチとサトジガバチの相違点を写真付きで解説して頂きました。
画像にも記してありますが中間型もいて参考程度にという事です。
私一人で、こんな情報握っているのは、もったいないので貼り付けますね。

 



Re: サトジガバチ・ヤマジガバチ ヒゲおやじ - 2013/04/08(Mon) 12:35 No.62457  

貴重な情報ありがとうございます。
内容は文面と図では知っていましたが、
やっぱり写真って大きいですよね。

昨年秋からカメラをNIKON D800に変えたので、
手ぶれがなければ、写るかもしれません。
時々不必要に寄って写してみます。



Re: サトジガバチ・ヤマジガバチ しぐま - 2013/04/20(Sat) 21:43 No.62458   HomePage

皆様こんばんは。ご無沙汰してます。
久しぶりに掲示板を覗いてみたら素晴らしい比較写真があったので光の速さで保存させてもらいました。
長年の悩みだったので、ようやく私も自分で見分けられそうです。
どうもありがとうございました。
こちらはもう少しで桜が咲きます。



Re: サトジガバチ・ヤマジガバチ ヒゲおやじ - 2013/04/24(Wed) 12:25 No.62459  

しぐま様、こんにちは。
御無沙汰しております。
標本の拡大写真付きの検索表があったら素晴らしいでしょうね。
佐賀では葉桜が青々と茂ってきました。
もうすぐ5月ですが、今年はオオトゲアワフキバチの営巣写真を狙っています。



ツヤマメヒメハナバチの可能性 投稿者:syuichi 投稿日:2013/04/07(Sun) 21:25 No.62454   HomePage

 こんばんは。
判らなかったマメヒメハナバチですが、ツヤマメヒメハナバチのようです。
教えて頂いたのですが、他のマメヒメハナバチと違ってツヤマメは前伸腹節の三角部が粒状となると言う事です。
アブラナマメヒメハナバチは胸部側面に光沢があって区別できるとの事です。
画像では確定は出来ないそうですが、そう教わりました。
ありがたい事です。



Re: ツヤマメヒメハナバチの可能... ヒゲおやじ - 2013/04/08(Mon) 12:32 No.62456  

こんにちは。
ツヤマメヒメハナバチでしたか。
判明してよかったですね。

それにしてもだんだん私が教わるようになりそうです。
私は面倒くさがりで、徹底追及するのをすぐあきらめてしまいますので...(笑)

文献の表記も粒状の他市松とかいろいろ表現がある様ですが、
なかなか写真ではそこまで写りません。



ミカドヒメハナバチ 投稿者:syuichi 投稿日:2013/04/04(Thu) 22:18 No.62451   HomePage

 こんばんは。
河川敷で葉の下に潜り込もうとしているヒメハナバチを見つけました。
胸部・脚・複眼横は黄色の毛に包まれ、腹部横?には黒い毛が確認できます。
これは以前教えていただいた、ミカドヒメハナバチのメスでいいのでしょうか?
いつも、お手数お掛けして申し訳ありません。



Re: ミカドヒメハナバチ ヒゲおやじ - 2013/04/06(Sat) 12:28 No.62452  

こんにちは。
腹部がよくわからないので何とも言えませんが、
毛深い感じと色からミカドの様にも見えます。
メスであることは間違いないでしょう。
ミカド、もう40年近く見ていません。
私もどこかで出会いたいものです。



Re: ミカドヒメハナバチ syuichi - 2013/04/06(Sat) 13:34 No.62453   HomePage

 ヒゲおやじ様、ありがとうございます。
ピントの外れた飛翔写真からミカドだと思います。
ネットの情報ではコマツナなどに訪れるとか・・・アブラナ類には寄ってくるようですね。
正面からの写真が欲しいので探してみます。
でもタンポポとは違って、アブラナ・クサフジ・カラスノエンドウは見つけにくいですね。
たまに色の濃いシロスジヒゲナガハナバチが視界に入るとミカドに見えて幻惑されます。

 家を引っ越して街中になりました。
コツノツツハナバチかツツハナバチ・・・小さいのもいるのでイマイかも・・・が、たまに飛んでいます。(河川敷は近いです)
去年、マイマイツツハナバチを沢山見つけましたが営巣は見ることが出来なかったので、今年は見たいですね。

 写真は悩んだマメヒメハナバチの一種。
前伸腹節の画像も撮れましたが、まだ判りません。
 この様な前伸腹節は粒状と言うそうです・・・・



橋のたもとのヒメハナバチ 投稿者:syuichi 投稿日:2013/04/02(Tue) 14:32 No.62447   HomePage

 3月下旬に橋のたもとのセイヨウカラシナで乱舞中でした。
少し歩いた橋の欄干で日向ぼっこ+交尾が観察できました。
大きさは5mmぐらいだと思います。
写り方でスケール感が違ってくるのが面白かったです。

 時期が違うのと後脚の毛が多過ぎる様な気もしますが、アブラナマメヒネハナバチかな?ストロボで撮影した時はツヤマメヒメハナバチ?マメヒメハナバチ?・・・錯綜しました。
資料も少なくて・・・写真はメス。



Re: 橋のたもとのヒメハナバチ syuichi - 2013/04/02(Tue) 14:44 No.62448   HomePage

 すいません、メスの画像・・サイズが大き目なのを間違えて張ってしまいました。
こちらがオスの画像です。
白い欄干に着地する時、ひっくり返るものが多くて微笑ましかったです。
 下のコオロギバチの可愛らしく写ってるタイプが気になります。
単に写り方が違うだけなのか?

 



Re: 橋のたもとのヒメハナバチ ヒゲおやじ - 2013/04/03(Wed) 20:55 No.62449  

こんばんは。
コンデジで撮られているようですが、
きれいに撮れていますね。
マメヒメハナバチは小さいけれど、頑張って撮ってみたくなる蜂ですよね。

マメヒメハナバチの一種であることは間違いないのでしょうが、
私のサイトのマメヒメハナバチも、「マメヒメハナバチの一種」
としなければならない程度で、「カグヤ」などはコハナバチの様なので、早く削除しなければとおもいつつ、忙しさにかまけています。
ツヤマメヒメハナバチと思しき蜂はおそらく合っていると思うのですが、
佐賀ではちょうどゴールデンウィークの頃に林縁を中心に訪花する姿が見られます。
少し発生は他種より遅いようです。
ただしマメヒメハナバチの中で、確か年2化するものがいたと思いますので、発生が遅いから「ツヤ」とは限らないようです。
この種の腹部のツヤは肉眼でも違いが分かります。

コオロギバチは、2つの画像の種は違って見えますが、
写真では判断しかねます。
ケラトリバチなどは化性を知らないのですが、このあたりも乱入?...



Re: 橋のたもとのヒメハナバチ syuichi - 2013/04/04(Thu) 08:36 No.62450   HomePage

おはようございます。
綺麗にとは言っても、美味しい所は点みたいなカメラで・・まぁ、それが面白いと思っています。
この蜂の腹部の先の褐色・割りにシッカリした毛で出来た白帯、胸部の構造などからアブラナマメヒメハナバチではないかと思っています・・・・今は(笑)
前伸腹節の毛の生え方はツヤみたい・・・。
でもハチの毛って当てになるような、ならないような。
大人しく進行中のハナバチの図鑑の完成を待つだけですね。
ヒメハナバチの写真撮る人が、もっと増えれば面白いのでしょうが少ないようですし。

 ケラトリバチかと思って、大あごを撮影してみるのですが突起の有る無しまでは写らなくて・・虫の良い個体を探してみます。
返信有難うございました。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
Edit by Lunar Studio