8月23日 (日)  アルマンの獲物搬入

昨日盆明けにも活動することを確認したアルマンアナバチを、今日もチェックすべく朝早くから、市川に陣取った。
獲物搬入の写真が、まだ満足いくものではなかったので、今日は少し細工をしてみた。
竹筒の入り口を、草の葉をちぎって軽く塞いでみた。
意図どおり、搬入を躊躇し、何度か巣の入り口を繰り返し伺った後搬入を完了したが、その間に複数回撮影することが出来、いい写真も撮れた。
3度の搬入を撮影し、市川の山を後にした。
大和の淀姫神社に仕掛けていた細めの竹筒に、
ヒメハキリバチが営巣していた。
2本にそれぞれ営巣していたが、内一本は巣の閉鎖の作業中だった。
家に持ち帰り、内部を撮影した。
今日市川に行く前に、鍋島の家を出てしばらく行った信号の脇の休耕地の、クサネムの花に蜂が来ているのを車の中から見たが、ネジロハキリバチの様に見えた。
夕方家に帰る前に車を近くに停め、カメラを抱えて、現地に行ったが、果たしてやはりネジロだった。
2−3年前故郷の兵庫県でエンジュの花に雄が来ているのを見たことがあるが、雌を見たのは30年ぶりだ。