3月16日 (月)  カジカ

だんだん気候がよくなってきて、昼休みの散歩も気持ちよくなってきた。
会社の西を流れる小川の脇に、わずかに水を蓄える、休耕田があるが、そこにカジカガエルのようなきれいな声が聞こえてきた。
各種の野鳥の声が、代表のウグイスと共に聞こえていた。
道端の陽だまりでは、小型のヒメハナバチやコハナバチが巣を掘りはじめていたが、めがねをかけていない老眼では、姿がはっきり分からなかった。