8月31日 (日)  フタスジスズバチ2週目

今日こそは、巣材搬入の写真を撮ろうと、9時45分から市川の山に陣取った。
 山では遅れて8月から鳴き出したミンミンゼミや、ツクツクホウシ、アブラゼミもまだ鳴いている。
クマゼミも雲が切れた時にまだ声を聞かせていた。
フタスジスズバチは、今日も蛾の幼虫を搬入していた。
先週は雨の日があり、営巣が遅れてくれたのは嬉しいが、タイミングが良くなかったようだ。
結局、狩りが不順だったようで、観察を始めてから3度しか獲物を搬入せず、17時まで粘った甲斐は無かった。
 フクイアナバチの姿はまだ有り、営巣を継続しているようだ。
オオハヤバチが木のこずえ伝いに獲物を探して飛んでいた。
昨年より活動が遅くまで続いているようだ。
家に帰ると、近くの木でヒグラシの声が聞こえた。
山ではとっくにいなくなっているのだが、誰かが採ってきたのを放したのか、数年前持ってきた木の根についていたのか。