6月7日 (土)  早く帰宅

今日は土曜日で、仕事も最近めどがついてきたので、7時前に退社した。
兵庫の神社の様子を見に行った。
薄暗い中、明日の行動予定を立てるためにも、下見の意味もあって観察した。
アカガネコハナバチの巣穴は一つも見当たらない。
ツチスガリもそろそろ営巣を始めるはずだが、それらしき巣穴は無い。
2−3巣穴を掘り始めているとも取れる土塊があったが、蜂かどうかもさだかではない。
アワフキバチもそろそろなのだが、やはりそれらしき痕跡は見当たらなかった。
ツマアカベッコウはまだ先だが、あと1ヶ月の間に蜂の活動が無ければ、このスポットは廃絶が確定的だ。
Youmeタウンで便利になったかも知れないが、また魅力的なスポットが消える。
家に帰って、家の裏に回る。
実は数日前からカワセミが用水路の脇の金網に停まって毎朝鳴いているのを、そっとカーテンの隙間から観察していた。
2−3日前には2匹で用水路の方に降りたりしていたので、巣を作っているのかも知れないと思ってみていたら、数刻後また活発な鳴き声に様子を見ると、交尾していた。
その直後、一匹(メス?)だけ用水路の方に降りた。
もしかしたら、営巣場所候補を雄が探して、メスを呼び寄せていたのだろうか。
その後、朝には目立った鳴き声が聞かれなくなった。
用水路に営巣可能なところがあるか覗いてみた。
側壁に穴が開いている。
営巣を始めた可能性が高い。
ちなみに用水路を挟んだ裏はお墓だ。