4月6日 (日)  春の蜂

今日は予報がはずれ、天気は大きく崩れず、出勤前の昼前後の時間は撮影に費やせた。
大和町の寺に置いた、カタツムリにはマイマイツツハナバチの営巣は確認出来なかった。
土塀には、ケブカハナバチの雌も雄に続いて発生し、営巣場所の物色をしている。
古巣の巣抗を再利用するようで、次から次へと穴に入って、中の様子を見ている。
参道の地面には、セグロアシナガバチとコアシナガバチが、水分を求めて来ていた。

20080406-1.jpg