3月22日 (土)  春の蜂

今日も仕事の予定だが、よく晴れているので、午前中探索した。
大和町のみかん山では、コトゲアシベッコウの雄が、盛んに雌を求めて活動していた。
山道では、早くも雌が蜘蛛を探していた。
淀姫神社脇の川辺の道では、先週同様ツツジの植え込みに、ミツクリフシダカヒメハナバチの雄が、雌を求めて飛び交っていた。
境内に、まだ巣穴は無い。
寺院では、土塀にケブカハナバチの姿は無かったが、広場では雄が一匹日向を飛んでは休んでいた。
同じ金網の下の陽だまりにマイマイツツハナバチの雄が行ったりきたりしていた。
アブラナの一種の落ち生えに、ミツクリフシダカヒメハナバチと、マメヒメハナバチの雌が花粉集めに来ていた。

20080322-1.jpg