3月16日 (日)  開幕

いよいよ春の蜂が発生し始めた。
今日は仕事の予定。
予報どおり、晴れたが、予想以上の快晴だ。
11時前に出掛けたが、暖かく、正午を過ぎるとさらに気温が上がった。
みかん山では、やっとヒサカキが開花していたが、最初はニホンミツバチばかりだった。
少し経つと、小型のハナバチが訪れ始めた。
マメヒメハナバチの一種のようだった。
ナミコオロギバチも、斜面の穴を伺いながら活動していたが、やはり真冬の時より個体数が少ない。
淀姫神社の川沿いの道に行く。
菜の花はさらに多く開花し、ニホンミツバチの数も増えたが、ツツジの植え込みの上には、ヒメハナバチの雄が、雌を求めて多数飛び交っていた。
間もなく雌に3−4頭が殺到するところを見つけ、交尾を撮影。
このような好天の日に、活発に行われるのだろう。
ハンディカムもデビュー。
2度目の交尾シーンは動画で納めた。

20080316-1.jpg