1月1日 (火)  今年の目標

昨年は、フクイアナバチに出会い、リュウキュウコオロギバチの営巣も撮影できたいい年だった。
今年も昨年のように、足で出会いの機会を作っていくつもりだが、今年はトラップもつかっていきたい。
昨年途中で営巣を断念したアルマンアナバチに、今年も再び出会いたい。
初夏から竹筒トラップを仕掛け、満を持したい。
ツツハナバチ系や、コクロアナバチなど、じっくり営巣を観察したい種は、まだまだいる。
今年は、少しは腰を落ち着け、ピンポイントで狙って観察する場面も作りたい。