8月13日 (月)  盆休2日目

朝10時前から、人工島の手前のスポットに行った。
今日も、キアシハナダカバチモドキの営巣を観察できた。
約10ほどある巣穴のうち、3つの巣で獲物を搬入する個体を確認した。午前と午後で、3度の獲物搬入を観察、夕方には、大中遺跡の近くの古い神社の、ベッコウバチの一種(Agenioideus属の一種)を狙っていったが、石材の上を翅をひらひらさせて徘徊していたが、一度ハエトリグモを見つけ、追いかけたところでいよいよと思ったが、狩りは見られなかった。
撮り逃した後も、それまでの動きとは一変して、自分をおとりにするような活発な動きで、相手が逃げたと思しき葉所をはねるように走り回った。
枯れた植物塊などにも取り付いてみたりしていた。
縁の下ではヒメツツハキリバチが、地面の粘度質の部分をかじりとるような坑道を何度かしていたが、目的は分からない。

20070813-1.jpg