4月28日 (土)  ジガバチなど

大和町のみかん山では、ジガバチが発生した。
巣穴を掘る個体も見られた。
キバナヒメハナバチの営巣はピークを過ぎ、巣穴を出入りする蜂は見られない。
今年は置いておいたカタツムリの殻にマイマイツツハナバチは営巣していない。
昨年はもう巣が完成していた頃だ。
寺のケブカハナバチもかなり少なくなっていた。
荒天で様子を見ない内に、こちらもピークを過ぎたようだ。
クマバチの雌があちこちで営巣する木を探していた。
コガタスズメバチの女王がもう現れた。
昨年秋、墓地のニホンミツバチの巣には一匹の活動も見られなくなっていたので、廃絶したと思っていたが、今日復活を見た。

20070428-1.jpg