4月15日 (日)  前倒し

蜂の活動が、少し早まっている様な気がする。
コオロギバチは、ナミもヒメも獲物探しと見られる行動をしていた。
昨年は4月下旬に狩りを確認したが、この時期幼虫態でいるコオロギを早くも狩りそうな雰囲気だ。
キバナヒメハナバチは巣穴の数も増し、寄生バエもうろうろしている。
トゲアシオオベッコウも発生、キマダラハナバチも、ヒゲナガハナバチの巣穴を探っている。
フジの花が咲き、山道では、クマバチの雄がホバリングを始めた。
ヒゲナガハナバチは雌が多く活動、営巣を始めたようだ。
早くもゴールデンウィークの頃のような様相だ。
コトゲアシベッコウは、活動する個体が減ったようだ。

20070415-1.jpg