11月15日 (木)  秋深まる

昼休み、会社の周りを散歩した。
遅い紅葉の季節がやってきたようだ。
コガタスズメバチのいるところの崖面では、山芋の葉が、黄色く染まり、リズミカルに並んで、足跡のようだ。
蜂の食堂くらいにしか見ていなかった、ノブドウも、大きく熟した実は、多様な色がきれいだ。
コガタの巣は、出入りが少なく、最初は解散してしまったのかと思ったが、細々と活動している。
次世代を生み出す準備が整いつつあるようだ。
近くに咲く山茶花の花には、コガタスズメバチの雄が訪花していた。
リュウキュウコオロギバチも、花を訪れたが、よく見ようと、私が顔を寄せたので、すぐ逃げてしまった。
このあたりに広く生息するようだ。

20071115-1.jpg 20071115-2.jpg