バラハキリバチ
普通種。
名の通り、バラ科植物などの葉を切り取って巣材とする。
地中、地上既存抗に営巣する。
切り取った葉を抱え、石灯篭にとまる雌。
単に休憩しているのではなく、葉が柔らかくなるのを待っているようだ。
2006年6月上旬、佐賀市 兵庫町で。
オミナエシに訪花する雄。
2005年8月下旬に佐賀市 大和町で撮影。
ナツフジの葉を切り取る。
上から下へ切り取っていく。
2006年6月上旬、佐賀市 兵庫町。
バラの葉を切り取る。
兵庫県 加古郡 播磨町で、1980年ごろ。
石灯篭の隙間に営巣する。
営巣環境は、多岐にわたるが、既存抗に営巣する。
しかし、この雌は抗道が短いのが気に入らず、土を掘り出している。
2006年6月上旬、佐賀市 兵庫町。
同じ場所で。
ナツフジの葉を運び込む。
桜の朽木の穴に営巣している。
1980年ごろ、兵庫県 加古郡 播磨町。
コンクリートの隙間に営巣。
1970年代後半、兵庫県 加古郡 播磨町。
竹筒のトラップに営巣。
スコパに花粉を付けて帰巣。
先に花蜜をそのうから吐き出し、入り口でUターンして、花粉を掻き落す。
卵が見える。 竹筒の中、葉で作られた育房。
取り出した育房(左)と中の様子(右3つ)
餌に産み付けられた卵が見える。
地中にも営巣する。
但し、既存抗に営巣し、自らは穴を掘らないそうだ。
餌を食べて成長していく幼虫。 地面の既存抗に葉片を搬入する。
育房の蓋の部分に使う丸い葉片である。
2007年9月上旬、佐賀市大和町。
花粉をスコパに沢山つけて帰巣する。 崖の垂直面にある既存坑に営巣する。
葉の小さな豆科植物の葉を、付け根から切り取り、そのまま利用している。
2016年10月中旬、佐賀市富士町市川。