ミイロツメボソクモバチ
体長数ミリの小さなベッコウバチ。
物陰の乾いた地面に浅く穴を掘り営巣する。
ハエトリグモ等の蜘蛛を狩る。
ハエトリグモの一種を狩った雌。
2007年8月中旬、兵庫県 加古郡 播磨町。
雄。
腹部は黒い。
2005年8月中旬、兵庫県 加古郡での撮影。
神社の境内の縁の下の基礎の石を、蜘蛛をくわえて、登る。
営巣場所は、狩りの前からめぼしをつけている可能性もある。
十数センチ離れたところに蜘蛛を置き、基礎の石の上に堆積した細かい土を掘る。
すり鉢状に浅く掘る。
巣穴を掘り終え、傍らに置いた蜘蛛を取りに行く。 巣に運び込む。
産卵。 巣穴を埋めた後、土をかぶせ、さらに徹底的に土を掃き散らす。
蜘蛛を生め産卵した場所を中心に、数センチの範囲を執拗に掃き散らす。
砂粒を置き、周りと全く区別がつかない様にしてしまう。 神社の縁の下で、地面の穴から土を掘り出す。
巣穴を掘っていると思われた。
この後この場を離れ、蜘蛛を探す様な行動を見せたが、蜘蛛はいなかった。
他にも多くの個体が活動しており、もしかすると獲物を横取りされたのかもしれない。
狩り蜂にはしばしば見られることだ。
それにしても上記に紹介したすり鉢状にしかならなかった巣穴にくらべ、この穴は坑道の体をなしている。
土質によって巣穴の状態は変わるのかもしれない。
2008年8月中旬、兵庫県加古郡播磨町。
石垣の石から石へ飛び移る。
翅をひらつかせる独特の歩き方で、非常によく歩き回る。
体色は変異が大きいそうだ。
2013年8月中旬、兵庫県姫路市書写山。